歯 の 構 造 .

戻  る

項目を押して下さい

1
エナメル質
2
象牙質
3
歯髄(しずい)
4
歯肉(歯ぐき)
5
歯槽骨
6
歯根膜
7
セメント質



(解説) 

1.エナメル質 (押すと戻ります)

歯の表面で最も硬い部分です。体の中でもいちばん硬い組織で、モース硬度6〜7です。

2.象牙質 (押すと戻ります)

エナメル質よりは軟らかく、骨よりは硬い組織です。歯の形をつっくており、歯冠部から歯根部までの中心をなします。モース硬度は5〜6です。

3.歯髄 (押すと戻ります)

一般的に“神経”と言われています。この中には、血管・リンパ管・神経線維があり、歯に栄養を与える大きい役割をはたします。

4.歯肉(歯ぐき) (押すと戻ります)

健康な歯肉はピンク色をしています。歯槽骨(歯を支える骨)を被って保護します。

5.歯槽骨 (押すと戻ります)

歯を支える顎の骨を歯槽骨と言います。歯周炎が進行すると、歯槽骨が吸収して歯が動揺してきます。

6.歯根膜 (押すと戻ります)

歯根と歯槽骨をつなぐための線維です。歯に加わる力をやわらげる、クッションの働きがあります。一般に“歯が浮く” “噛むと痛い”という症状がある時は、歯根膜に炎症が起きています。

7.セメント質 (押すと戻ります)

歯根部の象牙質をおおている骨と、同じような硬組織です。歯槽骨とくっつく役目をはたします。