おやつに含まれる砂糖の量 


戻  る

  砂糖のとりすぎは、虫歯の原因になるだけでなく、肥満、高脂血症、動脈硬化、糖尿病などの成人病の原因にもなります。子供に与える“おやつ”といえば“お菓子”と考えるお母さんが多いのではないでしょうか。“おやつ=お菓子”と考えると、どうしても“あまいもの”が中心となり、虫歯にかかりやすくなります。おやつは、時間と量を決めて規則正しく与えるようにしましょう。

 3歳ぐらいの子供のおやつの量は一日の食事量の10〜15%ぐらいとし(150kcal〜300kcal)、エネルギーだけでなくタンパク質やビタミン・カルシュウムなど栄養のバランスも考えて与えましょう。たとえば、牛乳1本とふかしいも半分(100g)で250kcalぐらい、また牛乳1本とビスケット5枚で270kcalぐらいになります。参考にして下さい。

 皆さんはお菓子の中にどのくらい砂糖が入っているか知っていますか?つぎの資料を参考にして下さい。

次のお菓子の中に角砂糖(1個3.6g)がいくつ入っているでしょうか?角砂糖1個の総エネルギーは14kcalです。(参考資料:四訂日本食品標準成分表)


ショートケーキ
(100g)
ホットケーキ2枚
(120g)
アンパン1個
(80g)
(角砂糖8個) (角砂糖7.3個) (角砂糖6.5個)


カステラ一切
(100g)
大福餅1個
(70g)
シュークリーム1個
(70g)
(角砂糖10.3個) (角砂糖3個)
(角砂糖2.3個)


プリン1個
アイスクリーム
チョコレート
(角砂糖4個) (角砂糖6個) (角砂糖5.5個)


あめ2個 ヤクルト サイダー
(250ml)
(角砂糖2個) (角砂糖2個) (角砂糖6.5個)


コカコーラ
(250ml)
ポカリスエット
(250ml)
缶コーヒー
(250ml)
(角砂糖7.5個) (角砂糖5個) (角砂糖6.5個)

文頭に戻る