4.歯周病は自己診断できる! (目次へ戻る)

 歯肉の色や形は個人により様々ですが、健康な歯肉と炎症のある歯肉には次のような違いがあります。もちろん、歯槽骨(歯を支えている骨)やポケット(プラークや歯石がつきやすい場所)などは、専門的な診断が必要ですが、注意深く観察すれば、かなり正確に自己診断できます。参考にして下さい。

健康な歯肉 炎症のある歯肉
うすいピンク色 赤っぽい、赤紫色
感触 ひきしまり弾力がある 腫れてブヨブヨしている
形態 歯と歯の間にしっかり入り込んでいる まるく厚みをもってふくらんでいる
出血 出血しない 歯みがき程度の軽い刺激で出血しやすい

重症の歯周病例を示します。

(目次へ戻る)   (次に進む)