8.歯周病はどのように進行するか。 (目次へ戻る)

 歯周病とは、歯肉に原発して歯槽骨(歯を支える骨)や歯根膜(歯と歯槽骨つなぐ結合線維)を破壊していく病気です。
  シェーマ図の左側(ピンク色)は健康な歯周組織です。右側(赤色)が歯周病に罹患しており、右に向かうほど重症になります。

      軽   度         中   等   度         重   度     

 歯周病の主な症状は、歯肉の腫れ、出血、動揺です。歯石やプラークの付着が主な原因となり、歯肉に炎症が起こります。その結果、歯肉が腫れたり出血するようになります。
 プラークコントロールが悪くさらに炎症が進行すると、歯槽骨の吸収が起こり、歯牙の動揺や脱落を招きます。
 リンゴを食べると“血がでる”歯を磨くと“血が出る”歯肉を押すと“膿がでる”・・・・・危険信号はいっぱいあります。普段から自己診断に心がけましょう。

(目次へ戻る)    (次に進む)