閉じる

平成15年度 「歯の一口メモ」西条市報掲載済み原稿

11月号 歯磨きについて

 歯磨きの目的は、すべての歯面から虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去することです。
ところがプラークを100%除去することは、そう簡単なことではありません。

一本一本の歯のプラークを完全に落とすためには、どうしたらよいのでしょうか?四角い部屋をま〜るく掃くような掃除のしかたでは、すみにほこりがたまってしまいます。
また、同じ所だけゴシゴシやっても、そこが傷ついたり削れたりします。
すみずみのほこりを掃きだすためには、ほうきの毛先を使って適度な力かげんでいろいろな方向から掃くように、歯ブラシも歯の一本一本に毛先をあてていろいろな方向からていねいにブラッシングしなければなりません。
磨いたつもりでも、磨き残しがけっこうあるものなのです。

どのような所に磨き残しがあるかは、市販されている歯垢染色液で染め出してみるとよくわかります。
これで自分の磨けていない所をチェックして磨き残しのないブラッシングをマスターしましょう。また、歯ブラシの毛先のとどかない所もありますので、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助用具の併用をおすすめします。